経営計画と月次決算の薦め


成長発展を目指す経営者・事業主の皆様へ

私どものHPにご訪問頂き、誠にありがとうございます。

私どもは、「税務」「会計」をベースに、地域社会から「いい事務所だね」といって頂ける事務所づくりを目指しております。

私どもが提供する、皆様への一貫した基本業務

1.月次決算データを翌月提供  

2.先の見える経営計画の策定支援

黒字決算を目指し、PDCAサイクルを回すご支援をいたします。

会社はつぶれやすいものです。

私どもは、皆様の健全な成長発展を願い、愚直に「会計で会社を強くする」を主張し続ける所存です。

その基盤として、会計で適時的確な経営判断をして頂くため、月次巡回監査を経た信頼できる月次決算データを翌月に提供いたします。

月次決算データを有効活用して、月次単位の業績検討を積み重ねてください。

期中の業績管理の積み重ねが決算時に、月次決算の集大成として黒字決算信頼の決算書を導き、納得した税務申告と納税になります。

こうして作成された決算書は、「中小会計要領」適用により、金融機関からの信頼性がより高いものとなります。

また、税理士による書面添付制度を利用し、申告書には税務調査を気にする事無く経営に専念して頂くべく、申告内容の品質の高さの証である「書面添付制度」の積極的な活用をお勧めします。これらによって、より一層信頼性を高めてください。

さらに次期経営計画の策定(※)で、夢実現に向け、先の読める経営をご支援させて頂きます。
月次で経営計画との予算実績対比等を行うことで、
PDCAサイクルを回し継続的な改善にご活用頂くことが出来ます。

(※)植松会計事務所のお客様は、その95%が次期経営計画を策定し、月次で予算実績対比等が行なえる体制を整えています。

経営計画策定に役立つ「戦略MG支援(夢実現支援隊)」の詳細はこちら


経営は結果
です。
結果は数字で測定されます。

月次決算データとその集大成の決算書はいわば「自己経営報告書」で、次期経営計画は「夢実現指南書」です。

会計で会社を強くしませんか!

私どもは、誠実な姿勢で情熱を持ってお手伝い致します。

すべては、皆様の永続的繁栄を願って

 税理士法人 植松会計事務所

代表税理士 植松 正美
所長税理士 植松 知幸

ISO9001認証取得
Pマーク認証取得
TKCシステム徹底活用事務所

すべては、皆様の永続的繁栄を願って
[用語の説明] 

月次巡回監査とは
 毎月当事務所の巡回監査担当者が貴社を訪問し、経営面のサポートと経理面のサポートを行います。

月次決算とは

 企業が経営状況を把握し、経営管理のため毎月実施する決算で、内部利用目的のために行われ、月次の迅速な把握に主眼を起きます。
 これによって、月次における経営計画との対比でPDCA活動を支援します。

中小会計要領とは

 中小企業向けの新しい会計ルールで、実態に即した「経営者の役に立つ」視点が貫かれているのが大きな特徴です。

書面添付制度とは
 税理士法による税理士の行う品質保証です。

経営計画の策定(PDCAサイクル)とは
 経営は「Plan計画→Do行動→Check点検→Action改善」の絶えざる繰り返しの経営サイクルです。


 TKCシステム徹底活用事務所
   ☆月次巡回監査の実施         TKCシステムによる月次決算実施のベース
   ☆TKCシステムによる自計化     月次決算による迅速な戦略的情報と経理事務の合理化
   ☆中小会計要領適用          信頼の決算書へのレベルUP(税理士会・TKC実践推奨)
   ☆税理士法による書面添付実践の実践  安心と信頼の申告書の証(税理士会・TKC実践推奨)
   ☆TKCシステムによる経営計画策定  月次決算と予実対比によるPDCAサイクルの実践
 これら「☆」五つ星は、「会計で会社を強くする」の不可欠かつ強力ツールです。
 これら「☆」五つ星を実践している企業数で、全国第4位の嬉しい結果を得ております。皆様に感謝!
(順位:TKC発表 平成30年8月20日現在)